LEVY MANAGEMENT SYSTEM

賦課金管理システム

土地改良区事務所向け賦課金管理システムを自社開発・サポート提供しています。

現在稼働中のシステム(2020年1月現在)

ホーコーズの賦課金管理システムが選ばれる理由

印刷の仕組みとスペック一覧

土地管理

  • 一筆毎に地目、地積( 調定面積、登記地積)、組合員、所有者、耕作者、用水系統、 工区、賦課種別を登録できます。
  • 土地の異動、分筆、合筆、農地転用も簡単にでき、その履歴も記録しているので、 土地の動きを把握することができます。
  • 特定の賦課金を一括で削除できます。
    (償還が終わった時に、利用できます。)

土地管理

組合員管理

  • 性別、生年月日、令第4 条4 項に規定する
    土地、選挙区、口座情報等が登録でき、 名寄簿や選挙人名簿を出力することができます。

組合員管理

賦課金管理

  • 賦課金種別ごとに単価や、納入期限、延滞起算日を設定できます。
  • 単価別の調定面積や調定額の集計表を出力できます。
  • 通知書は、現金入金用、郵便振替用、口座振替用、さらにA4 サイズ、圧着はがきサイズの2種類があります。

賦課金管理

徴収管理

  • 入金処理は、賦課種別ごとに入金ができ、また分割入金にも対応しています。
  • 日計簿、月計簿、未納状況表を出力できます。
  • 延滞金の計算も自動で計算でき、督促状の発行も行えます。

徴収管理

システム利用制限

  • ユーザーグループ毎に、土地や組合員の編集、入金処理の可否、バックアップ等、権限を限定することができます。

システム利用制限

動作環境

サーバー

OS Windows Server 2016 Standard 以上、Windows Server 2019 Standard 以上
CPU Intel Core i3 以上、または、Intel Xeon
必要メモリ 8GB 以上
必要HDD 空き容量 20G 以上(データベース使用量、通知書スキャンデータを含む5年運用分を想定)
その他必要環境
  • クライアントと通信できる環境(100BASE-T 以上、1000BASE-T 推奨)
  • データベース:Microsoft SQL Server 2019 Express を想定
  • 安定した運用のため、RAID によるディスクの冗長化やその他障害発生時のために、別記憶媒体へのOS またはファイル単位の定期的なバックアップの導入を推奨

クライアント

OS Windows 10 Pro (64bit/32bit)、Windows 10 Enterprise (64bit/32bit)
OSバージョン 1809、1903、1909
CPU Intel Core i3 以上
必要メモリ 8GB 以上
必要HDD 空き容量 2G 以上(SSD 推奨)
モニタ解像度 1280×1024 以上(1920×1080 以上推奨)
その他必要環境
  • サーバーと通信できる環境(100BASE-T 以上、1000BASE-T 推奨)
  • .NET Framework 4.7 以上
  • Microsoft Office(Excel) 2016、2019、365(Excel ファイルを閲覧する場合必要)
  • USB ポート( スキャナー( キヤノン DR-M260) と接続する場合必要)
  • リモートサポートを受けるにはインターネット環境が必要

こんな方におすすめ!

  • 賦課金徴収時の事務作業に困っている方
  • 口座振替を導入したい
  • パソコンの入れ替えによるバージョンアップを考えている方
  • 今までの古いシステムを検証したい方
  • 改良区の合併による新システムの導入を検証している方

賦課金管理システムのことはお任せください。

お気軽にお問い合せください。

営業部0776-21-4719

お問合せはこちら