BLOG

ブログ

ホーコーズの日常

2020.10.29

職種紹介-営業部の場合-

こんにちは、ホーコーズ営業部の岩井です。
この度スタートした職種紹介リレーですが、 記念すべき初回を担当したWipri事業部からバトンを受けとり、今回は営業部の紹介をさせていただこうと思います。 第2回ということで少しプレッシャーを感じていますが、
営業部が普段どんなことをしているのか、
どんなチームなのかをできる限り紹介していこうと思います。

職種紹介の営業部の場合TOP
どうか温かい目でご覧いただければと思います。それではよろしくお願いいたします。

第一回「職種紹介-WiPri事業部 インテリアプリント企画担当の場合-」の記事はこちら

目次

  1. 自己紹介
  2. 主な業務内容と一日スケジュール
  3. 一問一答
  4. まとめ

 

■自己紹介

まずは自分の簡単な自己紹介からさせていただきます。
私は、2019年4月に中途採用で入社しました。2020年現在で入社2年目、営業部に所属してからはちょうど1年が経ちました。
営業部は主に担当させていただいているお客様のもとへお伺いし、商談や相談を直接させていただいたり、納品物を直接お持ちしたり、印刷物の原稿のお引き取りなどを行っています。
その中で、ただ納品する、ただ原稿を引き取るだけではなく、お客様に対して有益な情報をご提供できるよう、または情報を収集できるよう常日頃心掛けております。
お客様より知識が豊富であること、情報が常に新鮮であることは営業マンとして欠かせない要素だと考えております。

■主な業務内容と一日スケジュール

営業部は主に担当させていただいているお客様のもとへお伺いし、商談や相談をしたり、印刷物の原稿のお引き取り、ご依頼いただいた商品の納品などを行っています。
その中で、ただ原稿を引き取る、ただ納品するだけではなく、お客様に対して有益な情報をご提供できるよう、または情報を収集できるよう 常日頃、世の中で起きていること、地元福井県の出来事などの情報収集を心掛けております。
印刷業界のプロとして、お客様より知識が豊富であること、 情報が常に新鮮であることは営業マンとして欠かせない要素だと考えております。
前置きが長くなりましたが、そんな私の代表的な業務内容を4つご紹介します。

商談、納品、受注等の外回り

1日の中でも多くに時間を占める業務になっています。お客様からご連絡をいただきお伺いするという流れがほとんどですが、内容は商品やサービスの商談や現地視察を含めたお話などお客様によって様々です。実際に仕上がった商品などをお客様のもとへお持ちした際に、「イメージ通りのものができた」、「ホーコーズに頼んでよかった」「ありがとう」などのお声をいただけたときはすごくうれしい瞬間ですし、やりがいを感じる瞬間でもあります。
お客様と直接コミュニケーションがとれる絶好の機会なので、ただ納品だけして終わるということがないように何か一言でもお客様と会話することを心掛けています。まずは自分の名前と顔を覚えていただくところから始まり、お客様との信頼関係の構築が外回りで大切なことだと考えています。

御見積書作成、指示書作成などの事務作業

お客様からのお問合せ、お見積依頼などにお答えすることも営業部の大事な業務の一つです。 ここで一番大切にしていることはスピード感です。
問合わせや見積りの回答が遅いと、クライアント様への回答も遅くなってしまい 会社の信頼に関わるので、とても不安になります。 お客様のことを考えて、 できる限り早くお客様に情報をご提供することが大切だと思っています。 お客様から発注いただいた各商品の作業指示書も作成します。
各担当部署に作業の内容や、使用する印刷用紙などの情報がしっかりと伝わるように商品の名称以外にメモで詳細を書くなどわかりやすい工夫を心がけています。

他部署との打ち合わせ、納期等のスケジュール調整

お客様からいただいたご要望にしっかりとお応えするために他部署との連携が欠かせません。営業部は多くの部署と関わるので、 社内だけでもたくさんの考え方や価値観に触れることができるので毎日が勉強です。
商品を製作するスケジュール調整も重要です。各部署の状況を把握しながらスケジュールを調整していきます。込み具合によって前後するので臨機応変な対応が求められると感じます。
個々のスケジュール管理で詰めが甘いと、お客様にご迷惑が掛かってしまう場合があるので、 特に気を付けています。

企画、戦略の考案

多い時だと週2~3回ほどミーティングを行う時もあります。「どうしたらお客様に選んでいただけるか」「売上げが上がるか」「生産性があがるか」など議題は毎回様々ですが、普段の業務を淡々とこなすだけでなく、一度立ち止まって部署や自分の仕事について振り返ることも必要です。 個人的にはチームで仕事をする上で、会社の方向性をしっかりと確認でき、また自分の成長にもつながる大切な時間だと捉えています。

一日のスケジュール

私の一日のスケジュール例をご紹介します。

 

■職種についての一問一答

Q1.チームプレー or 個人プレー?

チームプレー90%:個人プレー10%
営業部は個人プレーだと思われがちですが、私はチームプレーがほとんどだと思います。ホーコーズの営業部は特にチームでの成果が求められています。ですので個人がバラバラだとチームとして成果を上げることができなくなってしまいます。もちろん個人で営業部として何ができるか、お客様に何ができるかを考えることもあるのでその点に関しては個人プレーになるかもしれませんが、基本的にはチームプレー重視だと思います。

Q2.どんなことが身につく?

お客様とコミュニケーションをとらせていただく機会が多いので、常にアンテナを張って行動する意識が身につくと思います。ホーコーズはスピード感を重要視しているので常にスピード感を意識した行動、考え方が身につくと思います。

Q3.どんな知識・スキルが必要?

社会人として当たり前のことではありますが、お客様や社内の人に対する気遣い、気配り、思いやりが大事だと思います。気が利かない、気が付かないということが無いよう常に意識しています。自分の前職は自衛隊で今の業務と全くかけ離れていますが、同じ部署の先輩がしっかりと親身になって教えてくださるので特に技術的なスキルは最初から必要ないと思います。

Q4.どんな人に向いている?

まずは人と話すことが得意ではなくても好きなことが大前提だと思います。企画を考えたり常に新しいことにチャレンジできる環境を望んでいる方も向いていると思います。自分自身の色を出せること、正解が決まっていないので自分自身のやり方でお客様のために仕事ができるのが営業の魅力ではないでしょうか。ですが、あくまで会社や部署の方向性のもと動いていくので、自分勝手に好き勝手できるという意味ではありません。

Q5.求められること

まずはお客様に選んでいただくことだと思います。会社の売り上げ、成長が最終的な目的ではありますが、お客様無くして売り上げの向上や会社の成長はありません。お客様から選ばれる、喜ばれる、信頼される行動やサービスをお届けすることが求められていると思います。

■まとめ

以上、営業についてご紹介させていただきました。

この職種は会社の顔であり、営業部の印象が会社の印象につながる責任重大なポジションであることを感じながら日々業務に励んでいます。

自分が転職してから1年半ほど経過しましたが、これまでたくさんの経験をさせていただいております。様々な部署で様々な業務にかかわる機会が多い営業部ならではだと思います。そんな中で営業部をはじめ先輩方が熱心に教育をしてくださる点も教育体制に力を入れているホーコーズならではの特徴です。転職する前と比べて人として大きく成長できていると感じることが多々あります。(もちろんまだまだ至らないとことだらけですが・・・)元々私がこの会社を選んだ理由の一つでもあるのでとてもありがたい環境だと思っています。

最後に、今就職活動や転職の時期を迎えている方々の参考になれたかどうかはわかりませんが、ホーコーズ営業職の良さが少しでも伝わればうれしいです。

自分自身本格的な就職活動を経験したことが無いので詳しいことは無知ですが、自分の思いとビジョンは持つべきだと思います。
なんとなくで会社を選んだり、なんとなくで仕事をしていても楽しくないですし、成長もできないのではないでしょうか。
ですので自分の考えや思い、やりたいことがマッチしているかどうかをぜひ見極めて選んでいただければと思います。

転職をお考えの皆様は、弊社のホームページを見て、少しでもご興味を持っていただけたら
是非一度、会社を見学していただければと思います。

以上、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

次回の更新は、管理運営部(人事)が担当です。
よろしくお願いいたします。

ホーコーズコーポレートサイト

一覧ページに戻る