BLOG

ブログ

ホーコーズの日常

2020.10.13

職種紹介-WiPri事業部 インテリアプリント企画担当の場合-

こんにちは、ホーコーズの栗原です。
現在コロナウイルスの影響で、新卒向けインターンシップや会社説明会もオンラインで行う企業様が増えています。
弊社ホーコーズも、9月のインターンシップはすべてオンラインで実施いたしました。
ですが、やはりオンラインでは実際の職場や人の雰囲気など
実際にその場に行かないと分かりにくい部分もあったかと思います。

そこで今回からは、
職種ごとに、普段の仕事のやり方、ホーコーズでのリアルな日常をお届けするブログを、
リレー形式で掲載していこうと思います。
職場内の雰囲気や、どんな人が働いているのかを感じ取っていただけると幸いです。

弊社に転職をお考えの皆様も、是非ご参考にしてください。

目次

  1. 自己紹介
  2. 主な業務内容と一日スケジュール
  3. 一問一答
  4. まとめ

 

■自己紹介

WiPri事業部は、大型出力屋・インテリアプリント・カベガという3つのECサイトの企画運営・お客様対応を行う「ECチーム」とお客様にお送りする商品を製作する「出力加工チーム」の2チームで構成されています。

私はこのうち「ECチーム」でインテリアプリント事業の企画運営に携わっています。
文化祭に例えると、「焼き鳥屋さんを出し物にする」場合
どんな焼き鳥にするか、準備物の役割分担どうするか、どうやったら優秀賞とれるか?などを考え、文化祭当日までのスケジュールを管理・実行するポジションです。

ホーコーズの企画担当者のポジション

■主な業務内容と一日スケジュール

代表的な業務内容を4つご紹介します。

企画・スケジュール管理

インテリアプリント事業では、今は主にデジタルプリント壁紙※をネット通販で販売しています。
※デジタルプリント壁紙とは?
会社の方針に沿って、「どんなホームページを作ろうか?」「ECでの壁紙の販売にはどんなサービスが必要だろうか?」などの構想を考え、
具体的なスケジュール、どうやって実現するかを考えます。
私の場合は、直接社長との打ち合わせを行い、企画の方向性が決まったら
社内・社外の担当者に周知・スケジュールを管理しながら完成を目指します。
ひとえに企画といっても、
新しいホームぺージを作ったり、新商品を考えたりするだけではなく、
今あるホームページを、より多くの人に知ってもらうために
どんなことをしたらいいか?そのために解決するべきことは何か?などなど
販促方法・マーケティング・業務改善を考えるのも、大切な仕事です。

ホームページの改修業務

私が管轄しているホームページはインテリアプリントカベガの2つです。
この2つのホームページを運営するうえで、「わかりづらい」「もっと良くできる」というところを、WEBの改修チームと一緒に改善していきます。

特にカベガは2020年9月にスタートしたばかりなので、10月現在まででサイト自体のレイアウト(見せ方)を変えたり、文章を変えたりと、大きいものから小さいものまで直すところがたくさんありました。
これも社長、社内の担当者、委託している外部の会社様と打ち合わせをして、
互いに業務を振り分け、進捗の共有をしながら進めていきます。

ブログ、商品・サービスの案内メール制作

販促の一環で、ホームページのSEO対策※として、ブログを書いたり
商品・サービスの案内をメールで配信しています。
会社から「このブログを書いてほしい」と指定されるときもあれば「こんなブログがあったほうがいいのでは?」と自分から提案することもあります。
これも配信スケジュールが事前に決まっていることが殆どなので、それに間に合うよう、知識を深めたり、必要なデータをそろえる段取りなど、自己管理も大切です。

※SEO対策とは…「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字を取った略称で、ウェブサイトを見るユーザーにとって有益で、価値があるコンテンツをウェブサイト上で提供することで
Googleやyahooの検索エンジンで特定のキーワードで検索されたとき、自社の運営するサイトを検索結果画面で上の方に表示されるようにすること。
これをすることで、商品を検討中のお客様が自社サイトにアクセスしてくれる数が多くなります。

お客様対応

ホームページを見て弊社の商品に興味を持っていただいたお客様や、ご注文をいただいたお客様からのメール・お電話の対応も業務の一つです。
私は主に壁紙の案件の対応をしています。
特に「デジタルプリント壁紙」は、既製品壁紙と違って専門的な知識がないとクレームを起こしてしまったり、使う用語も特殊で「お客様のレベルに自分がついていけない」なんてことに陥ってしまう危険もあるので
セミナーや自主勉強での知識の深堀り、探求心も重要です。
壁紙に限らずですが、お客様の立場になって
「こうしてあったらお客様は助かるだろうな」「ここはしっかり打合せしないと、不安だろうな」
という点をしっかり見直しをしてから、お客様の対応にあたります。

一日のスケジュール

私の一日のスケジュール例をご紹介します。

ホーコーズの社員インテリアプリント企画担当の一日

 

■職種についての一問一答

Q1.チームプレー or 個人プレー?

チームプレー80%:個人プレー20%
自分が相手に仕事をお願いする、指示を出す立場になるため
構想や考えがまとまらない時間が長すぎると、企画自体がどんどん間延びしてしまいます。
自分で気持ちを切り替え、時に律しながら業務を推進させていくという点では個人プレーですが、そこから他を巻き込んで仕事を始めるとチームプレーになっていきます。

Q2.どんなことが身につく?

全体を把握する力と、複数の業務を同時に進行する力
自分にできること、誰かにお願いするべきことを見極める力が身についたと思います。
この職種は、目的達成のため、社内外で様々な人に協力してもらって仕事を完結させるポジションです。
誰にどの業務をお願いするのかと、その業務の進捗管理が必須になるため
上記のような力が身につくと思います。

Q3.どんな知識・スキルが必要?

学生時代の勉強や経験は必須ではありません。
私自身、前職は企画系とは全く関係ない仕事をしていましたが
先輩方からの指導や、実務をしていく上で少しずつ知識とスキルを身に着けている最中です。
むしろ、新しい企画を考えて実行していかなくてはいけないため初めてする仕事の方が圧倒的に多く、臨機応変に考え方を変えていく力新しいことに取組む意欲とエネルギーが大切だと思っています。

Q4.どんな人に向いている?

一概にこんな人に向いてる、とは言い切れない職種です。
チームを組んで、その中でのリーダーや取りまとめを行う立場になるため
自分がぐいぐい引っ張って仕事を進めるタイプなのか、他の人に相談しながら堅実に進めるタイプなのか、自分に合ったやり方を見つけるのも大切です。
共通して言えるのは、「チームで仕事をすることができる人」「プレッシャーに強い人」
この職種に向いているのではないかと思います。

Q5.求められること

私はこのポジションに就いて「こういうことを求められているのかな」と感じているのは
第一はやはり、売り上げ意識を持ち、会社の売り上げに貢献できるような企画・販促をすること。
そして常に複数のことを考えて行動を起こし、自分から情報を発信できることだと思っています。
非常にプレッシャーのかかる立場ではありますが、
その分、目的を達成した時の喜びもあります。

■まとめ

以上、WiPri事業部 インテリアプリント企画担当の仕事について紹介させていただきました。

写真はデスクワークが多い印象かと思いますが、
他部署との打ち合わせや、ブログ用の写真撮影、試作品の確認などで
本社近くの第二社屋に行くこともあり、意外とアクティブに動くこともあるので
フットワークの軽さは大切です。

この職種は最後にも書いたように、プレッシャーもかかるし、自己管理をしっかりしないと、何も形にならなくて焦ったり、不安が多い立場でもあると思います。

ですが、ホーコーズの社員はみんな親身になって相談に乗ってくれたり
一緒に仕事をする上でも、心強いメンバーばかりなので、
いつか一緒に働くときには、きっと助けになってくれると思います。

最後に、(ここからは一個人の意見としてお読みいただければと思います)
性格による職種の向き不向きがあると、よく思われていますが
こういう性格だから自分には無理、向いてない、なんてことはありません。
私自身、このポジションに就いて「ほかの人だったらもっとうまくやっただろうな」と不安になることは多々ありますが
「自分にはこういうやり方は向いてないな」と思ったら
「こっちのやり方を極めよう」と考えを切り替えたり、自分の短所を受け入れて
それとうまく付き合っていく方法を探したりして、なんとかやっています。

今就活をしている皆さまは、今の自分の性格、考え方に縛られず、
たくさんの会社を見て、変化して成長していく未来の自分に期待して就活をしてみると
少し肩の荷が下りるのではないかと思います。

転職をお考えの皆様は、弊社のホームページを見て、少しでもご興味を持っていただけたら
是非一度、会社を見学していただければと思います。

以上、ここまでお読みいただき
ありがとうございました。

次回の更新は、営業部が担当です。
よろしくお願いいたします。

ホーコーズコーポレートサイト

一覧ページに戻る